後継者不足相談

現在の日本では、古くから受け継がれてきた職人文化が失われようとしています。

少子化の波を受け、人手不足も深刻な問題となり、団塊世代が定年を迎えてもまだ引退できない問題があります。

統計的には、2025年までに企業の3割が廃業するかもしれない”国の衝撃的な試算が波紋を呼んでいます。

経営者の高齢化が急速に進む中、後継者が見つからずに廃業する企業が全体の30%にも上る可能性があるといいます。

苦労して頑張ってきた事業を自分一人の代で、締めなければいけない現状。懸念が高まっているのは、日本企業の99%以上を占めるとされる中小企業です。

弊社では、跡取りのいない事業社の方々の代わりに募集をかけ、適任者を探します。

その他、息子がいるが跡取りを否定しているなど、交渉にもあたります。

他人に跡目を継がせる場合は、その人の人柄など徹底的に調査いたします。自分の仕事を任せられる人材かを見極めてください。

農業、工場などどんな仕事でも大丈夫です。一度ご相談ください